よかった

高知の竜馬空港に向かっていた飛行機の前輪が出なくなり、胴体着陸したというニュースが入ってきました。


乗客や乗員の人は恐かったやろうし、着陸が無事成功して本当によかったと思います。


ただ、これで分かるのは飛行機というのは便利だけど、恐い乗り物でもあるということ。


昨日から今日の朝にかけて、別の飛行機会社の機長が客室乗務員を、飛行中に機長室に入れて、デジカメで写真をとってたというニュースが流れてたけど、もしその機長と客室乗務員が今日、胴体着陸した飛行機の乗員だったらと考えるとマジで恐ろしい思いが僕はします。


その会社の人には「人の安全を守ってる」という自覚をもう少しもってほしいなと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000