金子貴俊さんの講演会の感想

金子さんの講演会の様子をチラツと書きます。


実は顕真館の一番いい席で見せていただいたんですが、めっちゃ男前でした。


ドラマを見てて、ここではあまりはっきり言えへんけど、「ピンク」のイメージが僕の中にあってんけど、そのイメージが180度変わりました。


16歳で実家のクリーニング屋が潰れて、1人暮らしするようになったことや、事務所に入ったのも先輩に「ナンパしてみろ」といわれて、そのナンパした女の人が、事務所のスカウトの人やったからということを聞いて、あれはドラマの中だけやったんやなと感じたのですが、それ以上に21で自宅で細々と暮らし、大学に来ても誰にも声をかけない自分が恥ずかしくなりました。


さらにラーメンをよく作る話、地主神社(清水寺の横にある恋愛の神社)に友だちと行って、恋占いの石を歩いてたのを人に見られて、「からみづらい感じだった」と掲示板に書かれた話などいろいろしたはったんですが、中でも趣味の写真を撮った中で1番良かったと言われていた、パプアニューギニアの子どもの話がえーなーと思いました。


「そこの子どもたちは日本みたいに「こうしなさい」「こうなりなさい」と言われず、罪悪感を感じさせない育てられ方をされていて、感情がストレートで、僕もシンプルに生きていこうかな、すばらしい人間関係と笑いさえあればいいと思ったいうこと」を金子さんは言われてたんですが、本当に同感でした。


あともう1つ絶対書かなあかんことがあって、当日は龍谷大学放送局のMCの方が、事前に届いてた金子さんへの質問を読み上げる形で進行してて、3つめぐらいにこんな質問があってんけど、その答えがホンマによかった。


それは男子が苦手な女の子からの質問で、「男子と付き合うにはどうすればいいですか」ということだったんですが、それに対して「無理する必要はない。除々にでもいい。何でもかんでも仲良くすればいいものでもないから、あせらないで」という答え。


この質問をした女の子は励まされたんじゃないかと思うんですが、ここに俺は金子さんの男らしさが感じられました。


そのあとウルルン滞在紀の話があって、おひらきになったんですが、実行委員会から送られた花は「ピンク」


結局、結論はこれかという感じに終わったんですが・・・


最後に「友だちに話してるみたいに話せたし、会場(顕真館)にいる全員と心が通じ合えてよかった」と言われてました。


今日は東京ミッドタウンにロケで行ってはるみたいですが、改めてお忙しい中、龍谷大学に来ていただいてありがとうございましたと、一学生としてお伝えしたいです。

0コメント

  • 1000 / 1000