DANCE−龍谷祭 最終日

龍谷祭の最終日ですが、一番印象的だったのはDANCEです。


名古屋のテレビ局が作ってる全国ネットの深夜番組に出演しているダンサーの皆さんが龍谷大学に集結しました。


僕はまだ見終わってないサークルもあったので、野外ステージを見たり、顕真館に入ったり、ウロウロしてんやけど、「これは・・・」と思って、野外ステージに足を止めたのが、「ひとりでできるもん」さん。


お客さんをまきこむパフォーマンスもよかったんやけど、ホンマに「これは・・・」と思ったのは、ステップの柔らかさ、ほとんど浮いてるような感じで、不思議でした。


「これをできるダンサーの人は少ないんちゃうん」と、ダンス知らんくせに勝手に思いました。


あと起き上がるのも表現がめっちゃ悪いですが、幽体離脱しているような感じ。


この体の柔らかさがほしいと誰もに思わせるパフォーマンスでした。


僕の後ろで見てた人が、「ひとりでできるもんは男前らしいぞ」と一緒に来てた友だちに噂してましたが、その通りじゃないかなと思います。


ダンスが終わり、最後のラストファイアーが、2時間半後の18時半からあったんですが、そこではこのステージでも踊っていた、龍大のダンス部がパフォーマンスを披露していました。


4年目の秋、竜が燃えていく瞬間に感動したし、龍谷大学はやっぱりいい大学だと感じました。


来年も大学には残るんですが、実質、今年で現役は終わりなので、今後は後輩にいいお祭りを作っていってほしいし、頑張ってほしいです。

0コメント

  • 1000 / 1000