学校へ行こう!歴 7年くらい(?)の僕

昨日のTBS「学校へ行こう!MAX」の感想。IKKOさんの言葉に本当に重みを感じたし、IKKOさんが今まで積み重ねられてきたことこそが「人間の美しさ」じゃないのかなと思いました。


僕は男やけど女っぽい人は、めっちゃ好きやし、かわいいなと思うこともあるわけですが、世間的にはまだ全然理解されてないし、IKKOさんが学生生活を送っていたときには、それがもっとひどかったんじゃないかなと思うんですが、その厳しい中でもきれいな女心をもって、いまや一流のメイクアップアーティストになってはるというのは素晴らしいことだなと思います。


そして何よりもよかったのが、IKKOさんの思いが、きちんと女子高生に伝わっていたこと。


昨日書いたことにもつながるかもしれませんが、不安や自分の利益を守りたいって思いから、きちんと自分のことを伝えられる、大人がいなくなってきてるような気がします。


僕もその1人なんですが、それに比べてIKKOさんは本当に勇気があるし、こういう大人になっていかなあかんなと思えました。


またIKKOさんには「学校へ行こう!MAX」出てほしいです。


もう1つの企画、佐賀の北陵高校の熱気球部ですが、好成績でしたね。


でも1位の人はターゲットの1.5mまで近づいてて、これこそ「どんだけー」って話ですが、面白い競技だと思いました。


技術のこともあるんやけど、ほとんど風という運に左右される競技で、ターゲット直前であんなこと起こるんやって感じだったんですが、やってる人は大変やけど、でも楽しいねんなというのがよく分かりました。


部員の女の子も森田さんと井ノ原さんも、楽しみながら、でも真剣そのもので、見てる方も同じ気分になりました。


僕は高いところやったら、京都駅ビルの上ぐらいは行けるんですが、それ以上はちょっと難しいし、気球はやっぱ無理かなって感じです。


来週は体操部の特集で、「亡き友に捧げる」と番組の最後で紹介されてましたが、もちろん見ようと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000