【阪神・淡路大震災20年】震災から20年の日に神戸で過ごして



今日は一日、神戸で過ごしました。



震災から20年の日の神戸で過ごしてみて感じたのは20年の重みです。



長い時間のようでまだ昨日のことのようにみんな感じていて
静かに犠牲になった方を悼みながらも一日一日を
歩んでいるんだなと感じました。



僕の周りで震災で亡くなった人や被災した人はいませんが、
小3のときに京都で揺れを感じたものとして、
ずっと自分事だと思ってきましたし、
いまでも朝早く起きるとあのときのことが頭をよぎります。



あのときとは時代は変わりましたが、
災害の危険性はむしろあのときより増しています。



災害が起こって普段の生活がいきなり遮られたとき、
どうやってうまく対処して立て直していくかがすぐに問われますし、
阪神淡路大震災は決して『あのとき』のことじゃなくて
『いま』につながっていることでもあるんだということを
もう一度思い返したいです。



20年前に亡くなった方の思いをこれからもずっとつないでいきたいですし、
これからも防災を心がけ神戸に通い続けます。



寒い天候の中、関連行事やイベントに携わられた皆さんお疲れさまでした。



今日はゆっくりお休みください。

0コメント

  • 1000 / 1000